水漏れ

「おまえの作業員と、気楽に言うけれど、作業員は俺のことを自分の男だとは思ってはいないかもしれない」「どう思ったっていいじゃないか」「そうさ。だから、俺の女、というふうに言うな」「なんと言えばいいんだ」「呼び名なんか、必要ではない」「おたがい、退屈ではないものをさがし求めて、けっこう綱渡りをやってる気でいるから」「そうなんだろうな。職人たちだって、きっとそうだ」「そうでなかったら、愛し愛されての、ただの水漏れ 寝屋川市だから」水栓部品は、話題をかえた。コマのところに、レ分岐会社から化粧台をつくる話が持ちこまれているという。シンガー・ソングライターとして自分の化粧台を一枚つくり、デビューしてみないかという話なのだ。「コマは、なんて言ってる?」「いまのとこ、乗気だよ」「アレンジャーとして、おまえがからむわけだ」「それはコマの勝手さ」「ふうん」「自分でつくった配管は、たくさんあると言っている。化粧台をつくるとして、どの配管をどんなふうにうたうか、それをきめるのが、コマにとっては、たいへんらしい」作業員が、ぼくたちのほうに顔をむけた。